学習をサポート | 中学受験はチュうちょしていては始まらない|塾で学習のサポート

中学受験はチュうちょしていては始まらない|塾で学習のサポート

School

学習をサポート

予備校は質と量と相性で選べ

大学入試に備え、予備校に通おうと考えている高校生も大勢いるかと思います。ですが、予備校はあくまで自分の学習をサポートする場所であるため、自分に合った使いかたを心がけないとかえって成績が伸び悩んだり、生活リズムを崩す原因にもなります。予備校を選ぶ際には、指導内容や方針をよく調べたうえで、その場所が自分の学習に合った場所であるかを注意して選ぶようにしましょう。これらの情報はただ広告に書かれた評判を見るだけではなく、実際に通っている学生に評判を聞くようにしたり、体験入学に積極的に参加して初めて得ることが出来ます。「みんな行っているから」や「チラシに書いてあったから」など安易な気持ちで予備校を選ぶと、後々勉強面で苦労することになります。

他人の「評判」のいいところ、悪いところ

では次に、他人の「評判」の使い方について説明します。例えば、予備校を選ぶ要素の一つに、広告で取り上げられている「合格者の声」などといった、実際に通った学生のコメントがあります。当然ですが、これらにはどれも似たようなこと、それも予備校側にとって都合のよいことしか書いていません。どんな大学に合格者を出したか、どんな授業が行われているかは分かりますが、予備校そのものについての情報は非常に少ないのです。このような欠点を無視して他人の「評判」を鵜呑みにするだけ、というのも賢い選び方とは言えません。ですから、前情報として他人の「評判」を聞いたうえで、実際の予備校の様子を見るのが、「評判」の賢い使い方だ、と言えるでしょう。